多摩川・リバーシップの会からの最新の情報はここでチェックしてください。


(2003/11/19(Wed.) 20:29 〜 2003/02/05(Wed.) 09:25)

  第67回 「河川文化を語る会」のご案内 2003/11/19(Wed.) 20:29  

12月の「河川文化を語る会」は
毎日の生活の中でも身近なもの、
下水道のお話です。
忘年会など公私ともにお忙しい時期とは思いますが、
ぜひともご参加下さい。

【第67回 河川文化を語る会】
 ◆日 時:平成15年12月18日(木)18:00〜20:00
 ◆場 所:厚生会館(全国土木建築健保)(東京都千代田区)
 ◆テーマ:「街に降る雨」−そのコントロールの技術−
 ◆講 師:藤田 昌一 氏(長岡技術科学大学教授)
 ◆参加費:一般:500円、当協会個人会員/学生:無料
 ◆申込/問合わせ:(社)日本河川協会
 TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
 E-mail:kataru@japanriver.or.jp
 ※今回は、厚生会館で金曜日の開催です。ご注意ください。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
[Click Here!]

ご連絡いただければ、チラシ及びポスターをお届けいたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「河川文化を語る会」事務局
 社団法人 日本河川協会
 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F(〒102-0083)
  TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
  URL:[Click Here!]



  12月例会&忘年会のお知らせ 2003/11/13(Thu.) 20:08  

2003年最後を飾る、多摩川・リバーシップの会
12月例会兼、忘年会のお知らせです。(#^_^#)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
2003年多摩川・リバーシップの会12月例会&忘年会

日どり:12月7日(日)
会場:二子玉川町会会館(レトロなお座敷・舞台つき!)
     世田谷区玉川二丁目21番3号
     電話 03−3700−0905
     ※田園都市線又は大井町線「二子玉川」駅下車。
      徒歩、3分くらい。
      駅からハンズのある方へ出て、
      元のナムコワンダーエッグに向う商店街に入り
      右手に魚屋。左手焼き鳥屋。その右隣の
      狭い入り口から入って2階です。
     ※近くに銭湯あり。手ぬぐい持参もアリですよ〜〜!
開場準備:午後12時〜
12月例会開催時間:午後1時〜
忘年会開始予定:例会終了後〜プレゼント交換は開始後一段落したら
会費:2,000円を予定 
    子どもは無料(但しプレゼントはひとつ持って来て下さい)
持物:
 一人一品持ち寄りで、料理・お酒・つまみなどを持参。
 プレゼント交換用に、何か一品。
 (お金をかける必要なし・話題性のあるもの・押入れで眠っていたものOK)
申込み:締切日は特に設けませんが、出席の方は、
     準備の都合上、必ず事務局にお申込み下さい。
     電話 03−3412−2023

★上記スケジュールをご覧の上、ご都合にあわせご出席下さい。
     
★大募集中!!
会場設定・買出しなどの助っ人募集中。
お申込みのとき、事務局までお申し出下さい!!

では、では。
万障お繰り合わせの上、ふるっての御出席を
お待ちしています。



  初挑戦・いざ、多摩川河口を目ざさん! 2003/10/25(Sat.) 11:10  

 ■多摩川・リバーシップの会
  2003恒例秋の川下りのお知らせ

青い空、ひんやりした大気。季節のめぐりの早いこと・・・
お変わりございませんか。
いつも私どもの活動にご理解、ご協力をいただき、
本当にありがとうございます。
ご連絡が遅くなりましたが、恒例秋の川下りの概要が
決まりましたので、ご案内させていただきます。
当日の詳細やは、11月2日の下見(協力者募集中!)などを基に、
決まり次第、参加申込みをされた方にご連絡いたします。

参加申込み用紙(PDF形式)は
[Click Here!]
こちらからプリントアウトしてご記入の上、
事務局までファックスして下さい。
fax 03−3412−2023
(word形式ご希望の方は事務局に請求を・・・折り返し、
申込み用紙を送らせていただきます。

なお、参加申込み締め切り日は11月4日(火)ですが、
準備の都合上、早めの参加表明をお願いいたします。
間際にならないと予定が立たない方は事務局までご相談ください。

ホームページ掲示板等、口頭などで参加表明された方も、
実施に当たって伺いたいことなどが、たくさん!ありますので、
必ず申し込み用紙に記入の上、事務局まで御提出をお願いいたします。

※今回のコースは始めての試み、潮や風などの影響が
どの程度か想像つかない部分があります。
「きっちり計画」が立てられない事をご理解ください。
また、一般参加、会員、会友問わず、等しく協力し合って、
準備・行動しますので、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

・・・・・・・・・・恒例秋の川下り概要・・・・・・・・・

実施日時:2003年11月8日(土)
集合場所:田園調布堰下・丸子橋右岸(駐車場)
集合時間:午前8時受付開始 9時ごろスタート
コース:田園調布丸子橋右岸から羽田方面へと川下り
     瀬や堰など自然環境の危険の少ない地域なので
     風や潮、地形、隊員の体力などの状況を
     判断しながら進みます。
     「有志による河口までチャレンジ」の可能性もアリか?!
費用:未定 自艇参加者で基本料2,000円(昼食込み)+保険料別途を予定 
     (自艇以外の方には、基本料+保険料に
      舟のレンタル料を申し受けます)
      子ども(小学生以下)は保険料込みで、1,000円を予定
終了予想時間:幅有
申込み締め切り日:2003年11月4日(火)
      但し、艇確保の都合上、これ以前に締め切らせて戴く
      場合があります
問合せ・申込み先:
2日下見含め、下記、多摩川・リバーシップの会事務局 かとうまで

備考)
・この川下りは、自主参加・自己責任が基本となりますので、
 これに賛同される方を募ります。
・参加年齢の下限:未成年、幼児は保護者の責任範囲で受付けます。
・艇をレンタルされる方々にも艇の運送、
 車両運転等の分担をお願いいたします。

川下りの服装など留意点はこちらをどうぞ
[Click Here!]



  第66回 「河川文化を語る会」のご案内です  2003/10/16(Thu.) 18:30  

11月の「河川文化を語る会」は衛星システムのお話です。
あまり聞き慣れない「準天頂衛星システム」とは・・・
お友達、職場の皆様、ご家族の皆様とお誘い合わせの上、ふるって
ご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。
※今月27日開催の「カナートの再生を考える」もお席に余裕がありますので、ぜひお越し下さい。

【第66回 河川文化を語る会】
 ◆日 時:平成15年11月17日(月)18:00〜20:00
 ◆場 所:厚生会館(全国土木建築健保)(東京都千代田区)
 ◆テーマ:「準天頂衛星システムのご紹介」
  −新しい時代にふさわしい時空間・情報サービスの提供と、
      3D電子地図も活用した国土管理−
 ◆講 師:出羽 博 氏
   (新衛星ビジネス株式会社 市場開拓本部 副本部長)
 ◆参加費:一般:500円、当協会個人会員/学生:無料
 ◆申込/問合わせ:(社)日本河川協会
 TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
 E-mail:kataru@japanriver.or.jp
 ※今回は、厚生会館で金曜日の開催です。ご注意ください。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。)
[Click Here!]

ご連絡いただければ、チラシ及びポスターをお届けいたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「河川文化を語る会」事務局
 社団法人 日本河川協会
 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F(〒102-0083)
  TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
  URL:[Click Here!]



  無題 2003/10/06(Mon.) 12:02  

幹事会開催にあたって、現時点で
幹事有志から寄せられている議題と提案
/////////////////////
<下記を年末の総会※などで決めるため、
10月例会での準備委員選任を提案します>

1. 「2004年 会の活動・運動方針」
   2004年イベントカレンダーと参加、支援、自主的イベントの検討   など「憲章」について、憲章の検証(活動が沿っていたか、実力   に見合う高さで言っているか)
2. 「会の運営と資金」(人とお金の問題) 
  @会員再登録・会の周辺会員登録(サポーター、友の会、イベント   会員など)
  A常任幹事、幹事の選任、及び役員の任期などの会則整備
  B悩ましい問題です。無償ボランティアでも資金が必要です。
   収入:会費、賛助金、各種助成金(申請)
   支出:ボランテア実費、交通費(遠方は特に)
         *今は犠牲をお願いがほとんどです
     物品費(艇、パドル、装備、置場、安全装備)
     艇庫とその運営 
     研修費(今後、安全や子供を指導すると憲章どうりなら
     非常に重要と思います)

3.諸問題
@「艇庫問題」
 *会の活動中にスタッフから「あるといいね」と
  話題に良くあります。
  会員の他、竹内グループ、日体大、E'S遠藤氏、
  その他個人所有艇の置場、佐藤、新井グループ、
  杉さん、E-boatなどとますます、多摩川での艇庫が
  あると良いという声は現実にあります。
Aレベルアップ・資格・研修
 カヌー・インストラクター(JASCA)
 レスキュー3
 応急処置(メディック、日赤救命、消防庁救命)
 リバーガイド
 その他
B他団体との協同や原則
 世田谷青少年委員会(アド多摩)、
 日体大(カヌー関連、ライフセービング部)
 地域交流センター、調布青年会議所、網代の海実行委員会
 SAC(川本)、OpenAir(竹内)、水辺の楽校
 エコミュージアム、癒しの会、TRM、流域懇談会、
 多摩川センターがはじめた流域の会
C会議の維持
議論の紛糾等があった場合、積極的な発言に対して
黙ってしまう人もいるわけで、
会議の維持がされていないと感じる事が良くありました。
事務局発言を中心に会を進めますが、議長をしっかり決めて、
発言者をコントロールする習慣をつけたいと思います。

2.会の行く末
(1)幹事会
幹事あるいは自薦、他薦で総会の提案議題をまとめましょう。
会を皆で運営すると言う姿勢や会の運営に関わっているという意識
を多くの人たちがもてると良いですね。
(2)事務局は大変
「会の運営と資金」(人とお金の問題) の項で色々書きましたが、
理想やあるべき論はいえるのですが、実際のフランクな話として
「多大な労力の分散」をそろそろ真剣に考えましょう。
幹事会にも一緒に入って頂いて、事務局だけが心労を
負わないように、仲間同士としてざっくばらんに話し合いたいです。

年末までに充分準備し話し合い、大枠での方針、流れを
皆で決めることができればと思います。

★「総会開催※」について
幹事有志から、年内総会開催(例年は3月)の申し出があったので、
事務局加藤のほうからプレ総会を提案しました。
このことについても、幹事会で討議します。







  第65回 「河川文化を語る会」 2003/09/13(Sat.) 19:57  

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 第65回 「河川文化を語る会」のご案内です ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

こんにちは、日本河川協会「河川文化を語る会」事務局です。
お世話になります。

来月の「河川文化を語る会」はカナートがテーマです。
ご講演をしてくださるのは、国連大学の小堀 巌先生です。
大変貴重なお話をお聴きいただけると思いますので、ぜひこの機会に
ご参加下さい。
皆様のお仲間にお知らせいただけると有り難いです。
心よりお待ちしております。

【第65回 河川文化を語る会】
 ◆日 時:平成15年10月27日(月)18:00〜20:00
 ◆場 所:厚生会館(全国土木建築健保)(東京都千代田区)
 ◆テーマ:「カナートの再生を考える」
 ◆講 師:小堀 巌 氏(国連大学 上席学術顧問)
 ◆参加費:一般:500円、当協会個人会員/学生:無料
 ◆申込/問合わせ:(社)日本河川協会
 TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
 E-mail:kataru@japanriver.or.jp
 ※今回は、厚生会館で金曜日の開催です。ご注意ください。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

  [Click Here!]


ご連絡いただければ、案内状及びポスターを郵送させていただきます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「河川文化を語る会」事務局
 社団法人 日本河川協会
 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F(〒102-0083)
  TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
  URL:[Click Here!]



  アド多摩協力団体最終打ち合わせ会報告 2003/08/17(Sun.) 20:40  

2003年アド多摩実施に向けて最後の協力団体の打ち合わせが
8月17日午後二時から三茶しゃれなーどで開催されました。
青少年委員会のほか、例年の協力団体代表者が集りました。

車の誘導・会場整理・警備から、進行、各団体からの
催し物、水陸安全管理などなど。会場が広範囲で参加者、
見学者も多いので、顔合わせの後は、
各持ち場のメンバーが打ち合わせを行いました。

・現時点でのリバーシップからのサポート参加者名
森田・長野・堀・中川・山田・杉浦・保坂・斎藤・新井・
角倉・松原・かとう(責任者)

■水上安全管理担当の打ち合わせ報告
(出席:委員会・榎本・加藤)

●当日のスケジュール 
(「 」が公式事業、それ以外が水上安全管理関連の動き)

朝7:00  第三京浜下スタート地点に
     「当日のコース下見を行うメンバー」集合
 7:45  安全部門担当者、全員ゴール地点に集合
 8:00  全体ミーティング開始・「イカダ搬入開始」
 8:30  各自分担場所に移動開始、
      到着後現場チェックとミーティング
 9:30  「開会式」
 10:00  レース開始 5分間隔・3艇同時発進
 12:30  レース終了・昼食
 13:30 「閉会式」
 14:00 「閉会式終了」
 15:00  会場閉門(これまでに河川敷退出)

●当日開催有無の決定要因
サポート者が立って補助できる水深と水勢であること
 
●コース概要
全長約1キロ
スタート:第三京浜桁下下流 左岸
ゴール:東急ゴルフ場下流 左岸
上陸地点:ゴール下左岸にストリームイン(案)

●コースの状況(8月17日現在)
・難所は三ヶ所
・多摩川全体メリハリ無い流れとなっていて、これは
・水量が減ってもあまり変化ないと思われる。
・過去のようなザラ瀬に乗り上げる状況はないと考えられる。
・参加者のコースの見極めは容易と思われるが、
 ゴール手前で左岸に寄せるように指示を徹底する
・落ちた場合、再上舟が困難になる事も考えられる
・流されても、最悪ゴール下の浅瀬でレスキュー可能

●水上安全管理担当者総数(予定)
えのきん事務所(榎本さん)     1名
日体大ライフセービング部   20〜30名
青少年委員会            8名
リバーシップから     現時点で11名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
計               約30名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(備考)日体大の確保人数は現時点で未定、
約20 名くらいと計算

伝令補助として 小・中学校教諭新人 10名くらい
(水には入らない)

●レスキュー・監視用舟
青少年委員会   ゴムボート    2艇
リバーシップ   堀さんシットオン 2艇

流れの状況、水温から、陸上からの監視が主体になる恐れアリ
その場合、舟があと二艇くらい必要か
(堀さんは前日まで旅行中・誰かが取りに行く)
リバーシップでレスキュー可能な舟が何艇出せるか。
一方で、操船により、水中と陸上の要員が減る事に留意

●ゴール・スタートについて
増水でスタート・ゴールのこしらえ、位置なども未だ定めがたく、
今日の素案を元に、24日の下見を以って決定。
ゴール地点下流に、対岸までブイを張る

●安全管理要員配置方法
今日の素案を元に、24日の下見を以って決定。

●レース参加者への、伝達事項、再確認
水温が低い事に充分留意
ライフジャケットの正しい着用確認

●水上安全管理担当者へのお願い
・川下り装備万全で参加のこと。寒さ・日よけ対策万全に。
・昼食はオニギリが出ます。飲み物は各自で準備お願いします。

★詳細は、24日の青少年委員会との合同下見で最終決定されますので、
 おってサポート参加者の皆さまにご連絡させていただきます。



  第63回 「河川文化を語る会」のご案内です 2003/07/22(Tue.) 17:29  

こんにちは、日本河川協会「河川文化を語る会」事務局です。
お世話になります。

夏休み。トンボを追いかける子どもたち・・
水中と空中で生活するトンボたちのことを知る講演会です。
講師は、新種のトンボ
(1971年に発見、「ヒヌマイトトンボ」と命名された)
の発見者としても有名な、廣瀬 誠氏です。
皆様のお仲間にお知らせいただけると有り難いです。
ぜひご参加下さい。心よりお待ちしております。

【第63回 河川文化を語る会】
 ◆日 時:平成15年8月22日(金)18:00〜20:00
 ◆場 所:厚生会館(全国土木建築健保)(東京都千代田区)
 ◆テーマ:「トンボ・蜻蛉・ドラゴンフライ 」
        −小さな虫の大きな謎−
 ◆講 師:廣瀬 誠 氏(茨城虫の会 代表)
 ◆参加費:一般:500円、当協会個人会員/学生:無料
 ◆申込/問合わせ:(社)日本河川協会
 TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
 E-mail:kataru@japanriver.or.jp
 ※今回は、厚生会館で金曜日の開催です。ご注意ください。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

[Click Here!]

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「河川文化を語る会」事務局
 社団法人 日本河川協会
 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F(〒102-0083)
  TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
  URL:[Click Here!]



  たまがわふぁくとりーからのお知らせ 2003/07/07(Mon.) 11:00  








リバーシップ会員で、段ボールをつかったクラフト・アーチスト藤田さんから、「第二回 つながり展」のお知らせが届きました。

会場はたまがわふぁくとりー工房
川崎市高津区二子1-22-1
(東急線「二子新地」下車徒歩5分)
*駐車場が無いので、電車でお越し下さい・・
電話:044-812-1313
メール:meil@tamafac.com
URL:[Click Here!]

「今回は衣食住をテーマとして作品を制作、
作家とふれあえる展示会を心がけました。
暑い時期ですが、多摩川沿いの散歩がてら、
ちょっと涼みに来ませんか??」FUJITA

■7月12日(土)
ギャラリー 11時〜18時
パーティー 18時30分〜21時(会費2,000円)

■7月13日(日)
ギャラリー 11時〜18時 




  7月例会のお知らせ 2003/07/06(Sun.) 12:33  

■7月例会は、下記の通り開催いたします。
日時:2003年7月18日(金)
   午後6時30分〜
場所:二子玉川地区会館
    会場の地図はこちらをどうぞ
   (NPOワールドワイドファミリーのサイトから)
    ↓ [Click Here!]

議題:今シーズン・サポート事業の打ち合わせetc.etc.
    7月20日、お台場での全国Eボート大会関東地区予選での
    優勝を狙っての作戦会議もしなくては・・ネッ!



  ★6月例会のお知らせ★ 2003/06/18(Wed.) 05:20  

6月19日(木)、
目白押しの、今シーズンプランを議題の中心に、
玉川台児童館で午後6時40分から開催です。

只今進行中の、ブラックボックス大作戦の概要が明らかに?!
無事帰国したベネチア研修クルーズ組からの、
イタリアワインとフランスのフォアグラと鴨の燻製、
たっぷりのお土産話もご用意。
ご期待くださいっ!

玉川台児童館の地図など詳細はこちら
(世田谷区ホームページより)
 [Click Here!]



  第62回 「河川文化を語る会」のご案内 2003/06/14(Sat.) 06:50  

こんにちは、日本河川協会「河川文化を語る会」事務局です。
お世話になります。
今回は、本格的な台風シーズンを前に、気候モデルを用いた天気予報
などについて専門家の講義です。
皆様のお仲間にお知らせいただけると有り難いです。
ぜひご参加下さい。心よりお待ちしております。

【第62回 河川文化を語る会】
 ◆日 時:平成15年7月18日(金)18:00〜20:00
 ◆場 所:シェーンバッハ・サボー「六甲」(東京都千代田区)
 ◆テーマ:「コンピュータで地球の将来がわかるのか?」
       ―気候モデルとそれを用いた研究について―
 ◆講 師:木本昌秀 氏(東京大学気候システム研究センター 教授)
 ◆参加費:一般:500円、当協会個人会員/学生:無料
 ◆申込/問合わせ:(社)日本河川協会
 TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
 E-mail:kataru@japanriver.or.jp
 ※今回は、砂防会館で金曜日の開催です。ご注意ください。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

  [Click Here!]
----------------------------
ご連絡いただければ、案内状及びポスターを郵送させていただきます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「河川文化を語る会」事務局
 社団法人 日本河川協会
 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F(〒102-0083)
  TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
  URL:[Click Here!]



  多摩川・リバーシップ憲章 2003/04/23(Wed.) 10:23  

我々の活動の実態をの中にあるべき姿を照らして
憲章としてまとめました。
これからの活動の「みちしるべ」としたいと考えています。

<<多摩川・リバーシップ憲章>>

我々はこの川のクルージングを通して、

1.知的で創造力あふれる大人の川遊びに挑戦し続けます

2.常に安全と環境を指導する立場にあることを自覚し、行動します

3.流域の子ども達に喜びと感動を与えるお手伝いをします

4.様々な考えの人達と交流するための楽しい情報を発信続けます

5.癒され、感動が得られるいい川にするために、
  できることを実践します
 
6.尊厳と自由を尊び、自立した組織として行動します

7.この川の正しい歴史観と国際的な視野とを持つための
  自己研鑽をします



  第60回 「河川文化を語る会」のご案内  2003/04/23(Wed.) 10:15  

こんにちは、日本河川協会「河川文化を語る会」事務局です。
お世話になります。
中川へ引っ越したと今話題のタマちゃんですが、来月の講演会は
タマちゃんをはじめ、都市に生きる野生動物と人間との関係を考えます。
皆様のお仲間にお知らせいただけると有り難いです。
ぜひご参加下さい。心よりお待ちしております。

【第60回 河川文化を語る会】
 ◆日 時:平成15年5月15日(木)18:00〜20:00
 ◆場 所:シェーンバッハ・サボー「穂高」(砂防会館)
 ◆テーマ:「都市の『野生』を考える ―アザラシ。多摩川に現る―」
 ◆講 師:羽山伸一 氏(日本獣医畜産大学獣医学部 助教授)
 ◆参加費:一般:500円、当協会個人会員/学生:無料
 ◆申込/問合わせ:(社)日本河川協会
 TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
 E-mail:kataru@japanriver.or.jp
 ※今回は、砂防会館で木曜日の開催です。ご注意ください。

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

  [Click Here!]



  総会&4月例会のお知らせ 2003/04/21(Mon.) 11:40  

<多摩川・リバーシップの会総会&4月例会のお知らせ>

3月に予定されていた総会が諸事情で流れ、
4月末、下記の要領で開催されることになりました。
総会終了後には、川下りの反省会、夏に向けての検討も
予定されています。
ふるってのご参加、お待ちしています。
準備の都合上、お手数ですが出欠を事務局まで
お知らせ戴けると、とても、とても助かります。

日時:2003年4月22日(火)
    午後6時30分〜8時30分
場所:玉川台児童館 
    玉川台1‐6‐15 電話3709‐4163
(新玉川線「用賀」下車徒歩6分・所在地等参考:世田谷区ホームページ)
[Click Here!]

当日参考資料:会則及び会費規定はこちらデス
[Click Here!]

★会員以外の方のご参加、モチロン!大歓迎です。



  2003春の恒例川下り最終情報配信! 2003/04/02(Wed.) 07:42  

■多摩川・リバーシップの会
 2003春の恒例川下り参加者の皆さま

一気に爛漫の春到来。
待ちかねていた桜も咲き始めました。
4月5日(土)開催予定の川下りの
最終お知らせをお送り致します。
不明点等ございましたら、
何なりと事務局までお問合せください。

************************

開催日時:2003年4月5日(土) 
   *増水、大雨などの場合は翌6日(日)に順延。
    その場合は当日朝6時までに決定し、電話連絡いたします。
    小雨は決行ですが、参加する場合は、
    体調などに留意し「ご決断」ください。
   *キャンセルの場合は、必ず事務局かとうまでご連絡を!
    (つながらない時は下記の他メンバー連絡先まで)
      
集合場所:二子玉川「兵庫島公園」内川原(多摩川左岸)
       東急田園都市線「二子玉川」駅下車 徒歩10分
       ★公園入り口から橋を渡り、川原へ出てください。
        会の旗や舟が目印です
        *公園内にトイレあり。着替えも可能

集合時間:
 ・会場準備ボランティア AM8時20分〜9時
    *公園入り口開錠、監視、舟積み下ろし手伝い、会場設定、受付など 
  
 ・一般参加者      AM9時20分〜 受付開始
    *受付終了後、着替え
     (女性には着替え用テントも用意します)
     各自の荷物とお弁当は、舟に乗せます。
     濡れないようにビニール袋などに入れ、
     コンパクトにまとめておいて下さい。
    *準備が終わったら、舟の組み立てなどをお手伝いください。

 ・車での参加者    AM8時30分 公園入口施錠の前
   *車で参加する方は、出発地点(川原)に艇を置き、
    車をゴール地点(川崎側下丸子・多摩川地区丸子橋地区)
    に回送後、タクシーでスタート地点に戻ります。

会費:大人1,500円・子ども500円(保険代・諸経費等)
       ※川下り終了後、自由参加で懇親会を
        別会費(1,000円)で行います

持物:お弁当・飲み物(!!お忘れ無きよう!!)
   濡れますので、タオル・「靴など」含め最低限の着替が必要です。
   ビニール袋も多めに。眼鏡使用の方はできるだけ眼鏡バンド。
   *木綿製の衣類を避け、化繊のランニングウェアやフリース上下等を着用。
    その上から、防風・寒・濡・機能があるウィンドブレーカー、
    雨具などを必ず着用してください。
   (特に昼休み時、身体が冷えますので防寒にご留意を)

   参考・・・リバーシップのサイト内「川は友だち」
    川を安全に楽しむために ダイジェスト版
   [Click Here!]

スケジュールとコース:
(時間は予定です・・・)
 AM10:30 開会式、コース説明、川下り安全レクチャー           
 AM11:00 スタート 
      ・
      ・
   (#^_^#) 川岸の春を楽しんで、漕ぎながら・・
   長野会長から多摩川の歴史や景観についてのレクチャー 
      ・
      ・
 PM12:00 休憩・昼食などなど  もとカヌー島周辺
      *対岸のトイレまで舟を出します  
      ↓
 PM1:00 再乗船 
      ・
      ・桜が応援してくれる!?
       可能なら堰までEボートレース(^_^)/~~            
 PM1:30 堰越え 
      ・
      ・
   長野会長から、世界の川事情、堰越え(ロック)のお話など        
      ↓
PM2:30ごろ ゴール (田園調布取水堰下・右岸川崎側) 
      後片付け
      ↓
PM3:00ごろ  閉会式  解散
    (最寄り駅は東急東横線目黒線「新丸子」)
   *その後希望者による懇親会
   *!!この間に、10人乗りボートとトラックの
    返却作業を行います。助っ人募集中!


開催前、最中の連絡先:
 ・事務局(かとうまきこ)
  電話/ファックス 03-3412-2023
  携帯 090‐8961‐9096 
 ・堀  090-8776-5885
 ・保坂 090-1271-9484
 ・長野 090-9817-0016

★以上、長くなりましたが、不明点は、ご遠慮なく!
 事務局まで電話、メールください。

************************************
多摩川・リバーシップの会事務局 かとうまきこ
東京都世田谷区下馬6-53-5-2A
電話/ファックス 03-3412-2023
携帯 090‐8961‐9096
e-mail sela@iris.ocn.ne.jp

■元気の源。一日1回、見なきゃ損損、
リバーシップサイトはこちらデス
URL [Click Here!]
************************************



  2003春の川下り参加予定者名簿 2003/03/17(Mon.) 09:03  

(3/31現在)敬称略
(★は申し込み用紙提出済みの方)

新規申し込み、掲載の不都合、取り消しなど、
有りましたら、至急事務局までご連絡ください!

重要!!
参加に当たっては、既に口頭でお申し込み済みの方も
申し込み用紙を事務局にご提出ください。
(お問合せ、申し込み用紙請求は
かとうまきこまで sela@iris.ocn.ne.jp)

1、長野会長
2、サブちゃんさん
3、森田さん
4、三茶の梅さん★
5、ほーりー★
6、山田編集長★
7、NAMPOOさん★
8、ホーさん★
9、稲城のこども
10、せっちゃん★
11、かとー★
12、山田編集長のお友だち★
13、ほーりーのお友だち★
14、ほーりーのお友だち★
15、ほーりーのお友だち★
16、HARUさん★
17〜20、南烏山のKAWABATAさんファミリー★
21〜24、角倉さんファミリー 3名★
25、Mr.Fujii★
26〜32.田代艦長と6人の仲間達★



  2003・恒例の春の川下り情報(3/17現在) 2003/03/17(Mon.) 09:01  

家族や友達を誘って、春の川面で遊ぼう!
■多摩川・リバーシップの会
 「2003・恒例の春の川下り」へのお誘い

\^o^/\^o^/\^o^/\^o^/\^o^/

この定例川下りは、例年2回実施しているもので、
会員ばかりでなく、経験・年齢など問わず、
どなたにもご参加いただける企画です。
春爛漫の多摩川を、舟から味わう楽しいツアー。
ふるってご参加ください。

舟や駐車場の手配などの準備の都合上、
参加いただける方は、申し込み用紙に記入の上、
出来るだけ早く、<(_ _)>
事務局までメール、ファックスでお申し込みください。

※申し込み用紙は事務局にご請求いただければ、
 すぐに送らせて頂きます!!

最終締め切りは4月1日(火)ですが、
定員になり次第締め切りとさせていただきますので、
間際まで予定が立たないなどのご事情がある方は
遠慮なく事務局にご相談ください。
尚、最終的な当日スケジュールは、
参加される方に追ってお知らせいたします。

\^o^/\^o^/\^o^/\^o^/\^o^/

■多摩川・リバーシップの会
 「恒例春の川下り2003」計画

テーマ:
「多摩川の景観と漕艇環境(安全)調査&
    クリーンアップ、操船技術向上など」

●実施日:2003年4月5日(土)

●集合場所:二子玉川兵庫島公園内川原(左岸)
       新玉川線「二子玉川」下車徒歩10分

●集合時間(予定):
 受付・会場準備ボランティア AM8:30〜9時   
 一般参加者         AM9時30分〜受付開始
(自転車での参加者は、各自で自転車を取りに戻ってください)

*車で参加する方は、出発地点に艇を置き、
車をゴール地点に回送後、AM10:30までにタクシーで
スタート地点に戻ります。
集合時間等は追ってご連絡します。

●スケジュールとコース(※時間は予定です)
AM9:30〜 受付開始
  受付終了後、各自着替えや舟の組み立てなど
  *各自の荷物とお弁当は自分が乗る舟に乗せます。
   まとめられるよう準備して下さい
AM10:30 開会式、コース説明、川下りレクチャー           
AM11:00 スタート 兵庫島公園川岸から 

PM12:00 休憩・昼食など  もとカヌー島周辺  

PM1:00 再乗船              
PM1:30 田園調布堰越え              

PM2:30ごろ ゴール 堰下流(右岸または左岸) 
    後片付け終了後解散
   (終了後希望者で懇親会)

●会費:大人1,500円・子ども500円
   (保険代・諸経費等) 
   ※川下り終了後、自由参加で懇親会を
    別会費(1,000円)で行います

●持物:お弁当・飲み物・着替え・靴の替え
   タオル・私物や濡れ物を入れるビニール袋・その他
   *必ず濡れますので、下着を含む着替はもちろん、
    ウィンドブレーカーなど防寒用衣類が必要です。
    眼鏡使用の方はできるだけ眼鏡バンド
   (ジーンズなど木綿ズボンはいけません。
    ランニングウェア上下等がいいでしょう)
   
不明点等は、何なりと事務局かとうに聞いて下さい!(#^_^#)

************************************
多摩川・リバーシップの会事務局方 かとうまきこ
電話/ファックス 03-3412-2023
e-mail sela@iris.ocn.ne.jp

■川下り関連情報は、この
リバーシップサイトで、つねにチェック!



  第59回 「河川文化を語る会」のご案内 2003/03/06(Thu.) 20:11  

こんにちは、日本河川協会「河川文化を語る会」事務局です。
今回は、社会的な問題、「土壌汚染・地下水汚染」を取り上げ、
専門家の方に分かりやすく解説をしていただきます。
皆様のお仲間にお知らせいただけると有り難いです。
ぜひご参加下さい。心よりお待ちしております。

【第59回 河川文化を語る会】
 ◆日 時:平成15年4月21日(月)18:00〜20:00
 ◆場 所:厚生会館(全国土木建築健保)(東京都千代田区)
 ◆テーマ:『土壌、地下水汚染の現状と課題』
 ◆講 師:佐々木正一 氏
    (オルガノ株式会社 エコ事業部 地球環境室長・農学博士)
 ◆参加費:一般:500円、当協会個人会員/学生:無料
 ◆申込/問合わせ:(社)日本河川協会
 TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
 E-mail:kataru@japanriver.or.jp

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

  [Click Here!]

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
「河川文化を語る会」事務局
 社団法人 日本河川協会
 東京都千代田区麹町2-6-5 麹町E.C.Kビル3F(〒102-0083)
  TEL:03-3238-9771 FAX:03-3288-2426
  URL:[Click Here!]



  総会&3月例会のお知らせ 2003/03/05(Wed.) 09:37  

************************************
多摩川・リバーシップの会総会&3月例会
************************************

日時:2003年3月25日(金)
   午後6時30分〜8時30分
会場:玉川台児童館 玉川台1‐6‐15 電話3709‐4163
(新玉川線「用賀」下車徒歩6分・所在地等参考:世田谷区ホームページ)
[Click Here!]
議題:会則、会費規定の検討、その他
   春の川下り最終打ち合わせ

当日参考資料:会則及び会費規定はこちらデス
[Click Here!]

★会員以外の方のご参加、モチロン!大歓迎です。
会場準備の都合上、出席してくださる方は、事務局までご一報ください。



  春の恒例川下り情報はここ! 2003/03/04(Tue.) 20:52  

************************************
春の恒例川下りの日取り決定!!
\^o^/\^o^/\^o^/\^o^/
************************************

日時:2003年4月5日(土) 中止の場合は、翌6日(日)
コース:二子玉川→堰越え→京浜工事事務所田園調布出張所前

★お願い★
詳細については、追ってご連絡致しますが、
今回は、舟の定員が例年より少なくなる可能性があります。
自艇(ご自分の舟で参加)以外で、参加を希望される方は、
出来るだけ早く、事務局までお申し込みください。
(最終締め切りは4月1日。但し定員になり次第締め切り)
仮予約でも大丈夫〜〜です。
事務局方かとうに気軽にご相談ください。

参加される方は3月25日(金)の3月例会(上記)での
最終打ち合わせへのご参加オネガイイシマス。<(_ _)>

★現在事務局で把握してる
申し込み済みの方々のお名前は、随時、
このコーナー(ING-SEEK)で更新される、
「参加申し込み者名簿」でご確認ください。
掲載内容に不都合がありましたら、
即事務局まで、ご連絡お願いいたします!!

************************************
多摩川・リバーシップの会事務局
C/O かとうまきこ
東京都世田谷区下馬6-53-5-2A
電話/ファックス 03-3412-2023
e-mail sela@iris.ocn.ne.jp



  平成十四年度地域づくり総務大臣表彰福祉劇団『鶴亀』記念公演 2003/02/27(Thu.) 20:17  

抱腹絶倒 文句なしにおもしろい!!
みやぎのスーパーばあちゃん・じいちゃんが構成する
人気劇団『鶴亀』による、
「目で見て分かる福祉劇」世田谷講演のお知らせが届きました

***************
ふるさと(古里・故里・故郷)の出前だよ

近頃 みやぎに流行るもの
NPO ボランティアに ベガルタ仙台
そして 平均年齢もうすぐ70歳の福祉劇団『鶴亀』

自称『日本一セリフ覚えの悪い劇団』が
栄えある『平成十四年度地域づくり総務大臣表彰』を引っさげて
一目千本桜の柴田町から 花のお江戸に初御目見え

抱腹絶倒 文句なしにおもしろい!!
“おだづもっこ”な『福祉劇』
***************

<はじめまして・・・>
私は、おだづもっこ文化祭実行委員会佐藤といいます。
宮城県を代表する高齢者の劇団である福祉劇団『鶴亀』が、
平成14年度地域づくり総務大臣表彰を受賞し、
これを記念して東京で公演を行うこととなりました。

しかしながら、東京には頼るべきNPOがおりません。
そこで、誠にぶしつけなお願いですが、
今回の公演を会員の方々にお知らせしていただけないでしょうか。
宮城県では絶大な人気を誇る高齢者劇団であり、
大爆笑の福祉劇ですので、よろしくお願い申し上げます。
また、当日はNPO同士の交流を図りたいと考えております。
よろしくお願いいたします。


「おだづもっこ」とは、
周りの人達を笑わせようとする小さな子供の意。
その気持ちを持ち続けている大人を
私達は愛情たっぷりに親しみを込めて
「おだづもっこ」と呼んでいます。

日 時 平成15年3月16日(日)
      午後3時15分〜(開場午後0時30分)
場 所 世田谷区民館
(東急世田谷線松陰神社前または
       世田谷駅下車徒歩5分/世田谷区役所隣)
演目等 @ 「今 とのさま 介護中」(福祉劇団『鶴亀』)
介護保険制度をめぐり、おだづもっこなお殿様が一騒動
A 東北各地のおだづもっこ御紹介
入場料 無 料(先着50名様に宮城県の特産品等をプレゼント)
午後4時30分からお楽しみ抽選会有
物産展 「一目千本桜」の宮城県柴田町の特産品紹介コーナー
(福島・山形のコーナーも有)

○福祉劇団『鶴亀』とは?
 みやぎのスーパーばあちゃん・じいちゃんの劇団で,
高齢者の希望の星ともいえる人気劇団。
「平成14年度地域づくり総務大臣表彰」を受賞しました。
「ショートステイやデイサービスなど、最近の福祉には
横文字が多いため、せっかくのサービスを受けることが
できなかったお年寄りがいた」という話に心を痛めた民生委員、
ホームヘルパー、ボランティアの方々が、
お年寄りにも分かりやすい「目で見て分かる福祉劇」を行うため、平成3年3月に劇団を結成。全くの素人ながら、
結成以来200回以上の公演をこなす人気劇団となる。

十八番は,介護保険制度や福祉サービスを題材とした
「今 とのさま 介護中」。
第17回地域づくり団体全国研修交流会宮城大会
(平成14年8月30日実施)では、NPO劇
「一目千本桜のごとくNPO真っ盛りの地域づくりじゃ」
のナビゲーターを務め、浅野史郎宮城県知事と共演しました。

○「今 とのさま 介護中」のあらすじ
つるかめ城のお殿様は寝たきりになってしまい、自称35歳の奥方、
「はッ」の家老、かなり遠くからみればとってもきれいなお女中達は、介護に疲れ果ててしまいました。
城下で介護保険制度があると聞き、早速その制度を活用することとなったのですが…
お殿様のおだづもっこぶりに、つるかめ城はてんやわんやの大騒ぎ!!

★福祉劇団「鶴亀」公演に先立ち、
心が癒される田舎暮らしシンポジウムを開催します

NPO法人和みの里
『田舎暮らしはいいもんだ』サポートシンポジウム
日 時 平成15年3月16日(日)午後1時〜午後3時
場 所 世田谷区民館
(東急世田谷線松陰神社前または
     世田谷駅下車徒歩5分/世田谷区役所隣)
内 容 @あんべ光俊コンサート「天空アテルイ」
アテルイ(東北のエミシのリーダー)
      没後1200年を記念し,東北の熱き魂を歌う
A講演「田舎暮らしの意職住 現在と未来」
Bパネルディスカッション「田舎暮らしの起承転結」
入場料 無 料(先着50名様には宮城県の特産品等をプレゼント)

問い合せ先:おだづもっこ・ふるさと実行委員会
〒979ー2511 福島県相馬市蒲庭字坂下236
NPO法人和みの里 山本隆昭
TEL/FAX 0244−33−5325
e-mail nagominosato@mwb.biglobe.ne.jp



  ●「英国運河研究会」セミナー情報 2003/02/21(Fri.) 13:33  

■逃しちゃ損、損!
2002年秋の川下りから買いに参加してくださっている
ライター兼カメラマン秋山岳志さんからのお知らせです。
*********************************************

●「英国運河研究会」セミナー開催
日本人唯一、英国でナローボートを運航し、
日本人向けのツアーを実施している
「キャプテンプーク・カナルボート」のサビデス夫妻、
ナローボートの予約を日本語で行うことができる代理店、
潟Iーシャンドリームの堅田寛氏、
そして秋山さんが共同で主宰する、
「英国運河研究会」*の恒例セミナーのご案内です。

*研究会は、産業革命答辞に張り巡らされたイギリスの運河を
「ナローボート」という船で旅する楽しさを
日本に広めるべく、活動している団体です。

日時:2003年3月15日(土)
   15:00〜17:00
会場:英国風パブ”Black Lion”
   目黒区目黒1‐5‐16(目黒駅から徒歩5分)
参加費:1000円(1ドリンク付き)
申し込み:ファックスかメールで3月10日までに下記へ
(定員30名になり次第締め切り)
     潟Iーシャンドリーム
      FAX042‐773‐3021
      Eメール info@oceandream.net
主催:英国運河研究会 協力:英国政府観光庁

●オフィス南風/秋山岳志さんのホームページ
 Canal mania
[Click Here!]

●秋山岳志さんのメールマガジン「英国運河通信」
ナローボートの成功予約術や書籍の紹介など、
役立ち情報満載!
購読申し込みは・・・メールで
takechy@d1.dion.ne.jp



  <エコトピアンの会・冬の交流会のお誘い> 2003/02/13(Thu.) 20:55  

堀さんの同級生がやっている会のお誘いの転送許可を
いただきましたので、勇んでお知らせします!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
エコトピアンの会・冬の交流会のお誘い
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

「会合の後にスローフードの飲食があるのだけど
その方法(持ち帰り、皿、箸など持参)は私が常に
気になっているものでした。
面倒くさいけど、自然を愛する市民運動として今後
我が会でも参考にしたいと思い送りました・・・。  堀」

■〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
<<エコトピアンの会・冬の交流会のお誘い>>

エコトピアンの会は半年に一度、
平日の会合に参加できない会員や、
様々な環境問題に関心をお持ちの皆様との目的で
交流会を開催しています。

今回のゲストは写真家の長谷川健郎さん。
写真週刊誌Friday連載をはじめ、レンズを通して様々な
環境問題を取材してきた長谷川さんと共に現場を追体験します。
1999年の個展「沈黙する風景」以来、
一見豊かな私達の生活の背後にある「景色」を、
皆様に見ていただきたいと温めてきた企画です。
ご家族やお友達をご一緒に是非ご参加ください。

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

会場:中野区環境リサイクルプラザ5階会議室 (定員60名)
(中野区中野5‐4‐7 電話:3389-0600)
日時 :2月23日(日)12:30受付 13:00開会 16:30終了予定
一部 :スライド映写会「病んだニッポン」
   (写真家:長谷川健郎さん)
二部 :交流会
(会報誌発表・スローフードを囲んで交流を深めましょう!)
会費:一部 :講演のみ500円 (小中学生無料)
二部 :手作りスローフード又は飲み物差し入れを! 又は500円
当日の連絡 090−3218−8675、又は090−3346−4909  
 
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
交流会第二部は恒例のスローフード・手作り持ち寄りパーティです。
最近ではすっかり定着したスローフードですが、
エコトピアンが目指すのはゴミを出さない丁寧な生活の一環です。
持ち寄りはとにかく気楽な気分で、簡単な手作りのひと品を。  
勿論ご自慢の力作もうれしいです。
あるいは飲み物やチーズ、お菓子等の差し入れも大歓迎。

会場では調理はしません。
食べ物はお持ちいただいた器のままでテーブルに並べます。
取り皿やコップ、箸等も各自でご持参ください。
終了後は全て、洗わず持ち帰っていただきます。
飲み物の空き瓶も持ってきた人が持ち帰ります。
環境を大切にする仲間として、
楽しい事も多少の負荷も、共有してください。

初めて参加される皆さんへ、
"とにかくちょっと覗いてみよう"の気持ちでお越しください。

当日は会報誌「エコトピアン」第一号
(特集:鼓腹撃壌)が出来あがってきます。
会員をはじめ交流のある皆様から寄稿していただきました。 
コンポストの原理原則から、マニュアル、環境まちづくり、
体験談や随想、
そして夏の交流会でのE.カレンバックさんの講演録と
充実した内容に仕上がりました。お楽しみに!(一冊500円)
       
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
**RS事務局からお願い**
皆さまからの身近なニュ―スを掲載させてください。
情報提供は、事務局かとうまでお願いします!



  2月例会のお知らせ 2003/02/05(Wed.) 09:25  

■次回2月例会はこれで、決まりです・・・
*********************************************

日時:2003年2月21日(金)
   午後6時30分〜
場所:玉川町会会館
   「二子玉川」下車。バスロータリー側に下りて、
    ネコタマパーク(ワンダーエッグ)方面に商店街を進み、
    中ほど左手の文房具屋の右隣が入り口。
    狭い階段を上った2階が会場です。
 *会場準備の都合上、参加される方は事務局までご一報を!






Cool Note Pro v2.03.00